APOLLO : CINEMATIC GUITARSがすごい

| Posted on

久々にウチの仕事場に新しい音源ソフトが来ました

幻想的な空間を再現するシネマティック・ギター音源

その名もAPOLLO:CINEMATIC GUITARです。
今まではギターを録音し、GuitarRigやAmplitube、または普通のエフェクトプラグインで加工して作ってたんですが、
我がチームのギター担当(僕)が全然仕事をしてくれないとの事で、導入が決まりました。

まさに幻想的なギター音源で、もはやギターである必要ないんじゃないかってものまで入ってます。
国内ですと、SONIC WIREさんが取り扱っております。

KONTAKT 5 PLAYER 対応でして、非常に操作性が良いです。

そして、その内容ですが素晴らしいですよ。「Swells」「Pads」「Ambient Designer」「Phrase Buider」「Instruments」と5つのインストゥルメントに分かれていまして、普通にどんなジャンルにも使えます。

特に映像音楽系・アンビエント系にはばっちりです。また、普通に曲でもPAD代わりに入れると他と差がついていいかも知れません。

 

最近の流行なんで仕方ないですけど、ゴリゴリのEDM系のシンセばっかりでなくて、こういったアンビエント系に強いプラグインがもっと出てくれると嬉しいんですけどね。

とにかくメインの武器になりそうな、新商品でした。

http://www.vir2.com/instruments/apollo-cinematic-guitars/