狂気のロクリアン

音楽 330

音楽理論のお話

 

モードって知ってます?

音楽理論の解説記事ではなく単なる日記なので細かい事は書きませんが、
音楽理論の中にはコードつまり和声とモードつまり旋法ってのがあるんです。

ま、簡単に言うと音階・スケールの事ですね。

 

ギタリストとかにとってはおなじみだと思うんです。メジャースケールとかマイナースケールとか。
モードジャズとかでは名前が変わってイオニアンモードとかイオニアンスケールとかって言われたりもしますね。

 

その中で音楽理論家たちを悩ませているのがロクリアンモード・ロクリアンスケールなんです。

ピアノの鍵盤の「シ」から7個ポンポンと順に弾いていけばBロクリアンスケールとなります。
Cロクリアンは

C_locrian_scaleこれですね。

これがマジで使いづらい。苦行と呼べるレベル。

 

僕も今までの人生で1回だけ使ったことがあります。とはいえ2音目を半音下げましたが。

 

楽器ができる人はぜひとも一度弾いてみて貰いたいんですけど、これで作曲しろっていうのか!って怒るレベルです。クレイジーです。

 

伝説のロクリアン正岡

そんな頭おかしいロクリアンだけを専門にする作曲家がおります。

ロクリアン正岡氏です。

 

現代音楽の作曲家ですが、このロクリアンを使ってだけ作曲しているんですね。

どんなもんか・・・。
若かりし僕は検索しました。

すると出てきたのがこれ。


 

ロクリアン正岡さん作曲の無伴奏人体ソナタです。
完全に頭がおかしい。

つーかロクリアン関係ないし。

 

ロクリアンスケール自体難しく難解な音階というイメージがありましたが、ロクリアンスケール=頭おかしい、というイメージを作ってしまったのが上の無伴奏人体ソナタですね。いや、ロクリアン関係ないけどさ。

 

挽回させて頂きますと、普通の曲も作ってます。普通にとか言ったら失礼ですが。


これなんか素晴らしいですよ、よくもまあロクリアンでここまでできるなと。尊敬します。

 

個人的に好きなのは「柴犬賛歌」です。


 

 

楽譜を見ていたらこんなのを見つけて思い出しました。

CHJkdhxUUAAhg8v正解が見えない

 

 

 

 

2 Comments

  1. 最近アップした「時を貫く”南無阿弥陀仏”」ですが、別名は
    「ハロー アイ アム ロクリアン ベートーヴェン.」
     これは、絶対音感のある人が最初から最後まで通して聴けば、すっかり納得できるはずです。

    1. コメントありがとうございます。
      もしかして正岡さんご本人様でしょうか。だとしたら失礼な物言いをお詫びします。
      現代音楽の雄である正岡さんからのコメント、光栄です。感激しております。

      私は絶対音感はありませんが、時を貫く”南無阿弥陀仏”後程聞かせていただきたいと思います。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

All rights reserved to Shink.NET