ジュンさんと音楽理論 音楽理論

ジュンさんと音楽理論「和声法中級」 8 代理ドミナント・裏コード

Sponcered Link

登場人物紹介

jun2

ジュン 27歳
音楽理論の講師。
最近は音楽をやってる時間がないくらい忙しい

aa2

あーちゃん 17歳
音楽理論を習っている生徒。
久々の講義でウキウキ。

hisashi2

ひさし 18歳
音楽理論を習っている生徒。
久々の講義でちょっと忘れてきている。

picture_pc_f150301fd53f7e5149e617161ee5c504
ひさし
ひっさしぶりー!

あーちゃん
ひさしぶり!

ひさし
久々の音楽理論講座だ。ちょっと忘れてきててヤバイ。

あーちゃん
私は久々でウキウキしてるけどね!


picture_pc_f150301fd53f7e5149e617161ee5c504

ジュン先生
おー、ひさしぶり。間があいてしまって悪かったな

ひさし
先生!久しぶりです!

ジュン先生
ちゃーんと今までやったことは覚えてるか?

ひさし
ギク・・・。

ジュン先生
忘れてたらどんどん置いていくからな。

ひさし
・・・頑張ります!!


 

ジュン先生
さて、久し振りの今回のテーマは「代理ドミナント・裏コード」というものだ。

あーちゃん
代理ドミナント?裏コード?

ジュン先生
コレは今までに教えた「ダイアトニックコード」「セカンダリードミナント」「モーダルインターチェンジ」に加え、ポピュラー音楽でよく使われる技法だ。


 

ジュン先生
結論から言うとⅡから半音下がったⅡ♭をルートにとったメジャーコード郡が裏コードだ。つまり・・・

Ⅱ♭7 Ⅱ♭ Ⅱ♭M7

ジュン先生
これらが裏コードとなる。基本形は三和音ならⅡ♭、四和音ならⅡ♭7だな。

ひさし
先生、なんなんですか裏とか表とか・・・

ジュン先生
コレはな、Ⅱ♭ってのはドミナントの真裏にあたるコードなんだよ。

あーちゃん
真裏?

ジュン先生
実はコードたちには距離感と言うものがあるんだ。それを説明しようか。

picture_pc_1f5b9a4a06a840550b6267d58876cb2d-jpg

ジュン先生
この図は「5度圏表」または「Circle of fifth」などと呼ばれる。各コードの距離感を円の中で表したものだ。見ての通り近いものほど音楽理論的にも近いコードとなる。よく見るとCの回りにはダイアトニックコードは固まってるだろ?

ひさし
あ!ホントだ!

ジュン先生
左にサブドミナント、右にドミナントがある。そして下の段には平行調、つまりマイナーってわけだ。代理コードにもなってるな。

ジュン先生
キーが変っても同じだ。左にサブドミナント、右にドミナントがある。例えばFなら左のB♭がサブドミナント、右のCがドミナントとなる。

あーちゃん
なるほど・・便利ですね!

ジュン先生
そうそう、便利なんだ。そして今回のテーマの裏コード、Ⅱ♭だな。Cで言うとD♭だ。どこにあるか探してみなさい。

ひさし
ありました!7時の方向であります!

ジュン先生
そうだ。その真裏を見てみなさい。

あーちゃん
あ!ドミナントだ!

ジュン先生
そう、これが裏コードと呼ばれる理由だ。

ひさし
なるほどねー。でもどんなときに使うんですか?

ジュン先生
それでは用法を説明していこうか。

ジュン先生
基本的には普通にドミナントの変わりに使ってしまっていい。オレのお勧めはツーファイブワンという定番のコード進行があるんだが、そのドミナントに入れる方法かな。まず、ツーファイブワンはその名の通りⅡm7→Ⅴ7→Ⅰと進む進行なんだけど、そのⅤ7の代わりにⅡ♭7を入れる。するとⅡm7→Ⅱ♭7→Ⅰとなり半音ずつ下がるスムーズな進行になるんだ。ちなみにⅤ7には下属音である「ファ」と前にも説明した導音である「シ」が含まれる。Ⅱ♭7にも同じように含まれているためにドミナントモーションに近い作用があるって言うわけだ。

あーちゃん
コードの進行感を作る導音ですね。

ジュン先生
そう、その通り!つまり導音を入れるのが基本形になる。とは言えそこから派生してトライアドやメジャーセブンスにも使われるようにもなっているけどね。

ひさし
ほーん。遠いけど似てるってかんじなのね。

ジュン先生
そうだな。元々のコードからは離れているので一時的な転調感や浮遊感を持つんだ。しかし、違和感はなく馴染んでくれる。とっても使いやすくかつ大胆なアレンジができるので人気な音楽理論なんだな。

あーちゃん
遠いけど近いかぁ。なんだかロマンチック。

ジュン先生
え、そうか?

ひさし
どういうこと?

あーちゃん
なんていうか遠距離恋愛的な?とにかく私はこの代理ドミナント好きです!

ジュン先生
そ、そうか。それは良かった。まあ、よく使うものだから覚えておきなさい。次回が転調についてだ。

ひさし
店長?

ジュン先生
転調!!


Sponcered Link

-ジュンさんと音楽理論, 音楽理論
-

おすすめ