ジュンさんと音楽理論

ジュンさんと音楽理論「和声法初級」 8 機能和声-ダイアトニックコード

Sponcered Link

2016/09/11

登場人物紹介

jun

ジュン 27歳
音楽理論を教えている先生。体が弱く常にどこかしら調子が悪い。

aa

あーちゃん 17歳
音楽理論を教わっている生徒。体は強い。風邪知らず。

hi

ひさし 18歳
音楽理論を教わっている生徒。よく食べ過ぎてお腹を壊す。

picture_pc_f150301fd53f7e5149e617161ee5c504
ひさし
ねえあーちゃん。
あーちゃん
どうしたの?
ひさし
俺たち、ジュン先生に音楽理論を教わって結構たつじゃん。結構詳しくなったよね。
あーちゃん
でもまだまだ分からないことばかりだよ。それにそんなこと言ってると・・・

 

 

ジュン先生
ジュン先生にドヤされるぞ

ひさし
ビクっ!せ、先生!
あーちゃん
ほらー、だから言ったでしょ?
ジュン先生
そうだな、お前らは今映画で言うとNO,MORE映画泥棒のカメラ人間が出てきたくらいだな。
ひさし
始まってもないじゃないですか!
ジュン先生
ちなみにオレはウィルスミスがUFOに向かってるくらいのとこだな
あーちゃん
何の話ですか?
ジュン先生
本来ならまだまだ正直人に教えられるレベルではないってことだ。
ひさし
先生でも?
ジュン先生
それだけ音楽理論は奥が深い。というか音楽というのは奥が深いんだよ。

 

ジュン先生
さて、いつかお前たちもオレからインディペンデンスしてくれることを目標に今日も音楽理論の勉強をやりますよ!今日はダイアトニックコードについてだ!

 

ジュン先生
さ、本題に入る前にちょっと聞きたいことがある。例えばキーがCメジャーの曲があるとするだろ?それの主旋律、つまりボーカルなどだな。それはどう作られてると思う?
あーちゃん
やっぱり曲の中心だからCメジャースケールですか?
ジュン先生
そうだ。調性音楽なら主旋律はそのキーのスケールから形成されていることがほとんどだ。
ジュン先生
では、コードはどうだと思う?実はコードもキーと同じスケールで作られてるんだ。
ひさし
何言ってんだよ、先生。スケールは単音のグループだろ?どうやって和音を作るっていうんですか。
ジュン先生
嬉しい反論だな。だけれど、実際にコードもキーと同じスケールから作られてるから驚きなんだよ。

 

ジュン先生
楽曲の主旋律にばっちりハマるコード群ってのがある。これはキーと同じスケールから作られたコード群の事で、これをダイアトニックコードと呼ぶ。これが今回のテーマだ!
あーちゃん
ダイアトニックコード?
ジュン先生
では実際に作って行こうか。今回は分かりやすくCメジャーキーのダイアトニックコードを作っていくぞ。これを見なさい。

 

picture_pc_87384841405de7eb78aa21a52d17316d

あーちゃん
Cメジャースケールですね。
ジュン先生
その通り。そして以前コードの基本は3色団子だと教えたね。これをお団子にしてみよう。メジャーやマイナーは考えずに見たまんまお団子にしていくんだ。
ひさし
一番上は長男!一番下は三男!間に挟まれ次男!

picture_pc_9dcbf0e8d5586ed1bca3c3693c3e76b7

あーちゃん
できました!
ひさし
だんご!だんご!だんご!だんご!

 

ジュン先生
よし。今度はこれのコードネームを考えて行こう。今度はミとファ、シとドが半音差だということに気を付けてメジャーとマイナーをしっかり考えるように。
あーちゃん
えーっとまず最初はドミソでCメジャー。次はレファラだけどレとファは3半音だから短3度・・・。Dマイナーか・・。
ひさし
次はミソシでEm、ファラドはFのメジャーだな。次もソシドでGメジャーでっと・・・
あーちゃん
ラドミはAmですよね。最後はシレファだから・・・。あれ?
ジュン先生
よく気が付いた。団子の一番上は完全5度のはずだよな。だけどシの団子だけ減5度なんだ。マイナーコードの完全5度の音をフラットしたコードだ。ちなみにこのコードはBm♭5(Bマイナーフラットファイブ)と呼ぶ。よし、並べてみよう。

picture_pc_4310d2d9302b05a460655acd5714bb22

ジュン先生
これだ。ディグリーネームはもう分かるな。ディグリーネームにもmやm♭5などを付けることもできる。よく使う表記だから覚えるように。その下にはCメジャースケールから形成したコード群も表記した。さっき考えたやつだな。このコードたちはもともとはCメジャースケールからできた物だから、Cメジャースケールの主旋律に対してばっちりハマるってわけだ。実際にこのダイアトニックコードだけを使って作られている曲も少なくない!

ひさし
つーことはこのコードたちを適当に並べてキーのスケールで主旋律を作れば曲ができちゃうってことか!よーし!これで俺も作曲家だ!ではさっそく・・C→Em→Dm→F→Am→G→F・・・・
ジュン先生
だからお前は始まってもないと言ってるんだ!
ひさし
ひい!

 

あーちゃん
まだまだ秘密がありそうですね。それにこの「機能」って?
ジュン先生
そう。これらのコードを使うにしてもいろいろルールがある。例えばひさしが調子に乗ってこのダイアトニックコードを使って曲を作ったとする。そのコード進行がC→Em→Dm→F→Am→G→Fとかだったらオレは怒りのあまりひさしを殺すと思う。
ひさし
うおおお・・・
ジュン先生
とはいえ確かにこれらのコードを適当に並べてキーとなるスケールで主旋律を作ればなんとなく曲のようなものは出来てしまうのも事実だけどね。それだけこのダイアトニックコードは作曲に取って重要なポイントなんだ。

ジュン先生
このコードたちにはとある「性格」がある。それを「機能」と呼ぶんだ。トニック、サブドミナント、ドミナントはその機能を指し示す言葉だ。それに色のついているところ、何か気づかないか?
ひさし
えーっと、1と4と5!!1、4、5だ!
ジュン先生
そう。なぜか音楽理論では良く出てくる1、4、5だ。これにも秘密がある。

ひさし
はやくその秘密を教えてくださいよー!
ジュン先生
これはまた長くなるからな。次回の「第9回 機能和声-ケーデンスと3コード」の回で教えてやるよ。そのためにも今回のこの「ダイアトニックコード」はしっかり理解するように!
あーちゃん
はーい!

picture_pc_f150301fd53f7e5149e617161ee5c504

今回はダイアトニックコードについて学びました。ダイアトニックコードとは、キーとなるスケールから生成されたコード群の事で、
そのキーで作られた主旋律とばっちりハマるコードの事です。このコードたちを使って曲は作られています。
また、そのダイアトニックコードにはそれぞれ「機能」というものがあります。それはまた次回に詳しく解説します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

音楽・DTM アンテナサイト 「音アンティーナ」様に登録していただきました。ありがとうございます。
数多くの作曲・音楽制作系のサイトが掲載されていますので是非見てみてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Sponcered Link

-ジュンさんと音楽理論
-

おすすめ