ジュンさんと音楽理論

ジュンさんと音楽理論「和声法初級」 7 機能和声-調性

Sponcered Link

2016/09/11

登場人物紹介

jun

ジュン 27歳
音楽理論の先生。音楽歴は20年。音楽理論歴は15年。
それでもまだまだ未熟だと自負している。
若い世代に音楽理論を習得してほしく活動している。
なるべく分かりやすく、なるべくとっつきやすく教えたいと思っており、
本当は漫画か何かで書ければいいのにと思っているが
絶望的に絵が下手なので諦めた。

aa

あーちゃん 17歳
音楽理論を教わっている生徒。音楽歴は10年。音楽理論歴は1ヶ月程度。
もっといっぱい勉強していつか作曲するのが目標。

hi

ひさし 18歳
音楽理論を教わっている生徒。音楽歴は2年。音楽理論歴は1ヶ月程度。
本人はもう俺はプロ級だとのさばっている。

picture_pc_f150301fd53f7e5149e617161ee5c504
ひさし
ほうほう・・・。
あーちゃん
何読んでるの?
ひさし
ん?これ?弾き語りの教本だよ。この間コードについて勉強したからいろんな曲のコードが知りたくなってさ。
あーちゃん
すごーい!やる気だね!
ひさし
あーちゃんも見る?知らないコードばっかりなんだよ・・
あーちゃん
うん!あれ?CMとかDmとかAM7とか・・CとかAとかはわかるけど・・・Mとかmとか7ってなんだろう?
ひさし
そこなんだよ。教わったのが全然出てこないんだよ。

 

 

 

ジュン先生
心意気はよし!だがしかしまだ早い!
あーちゃん
先生!知ってるコードが全然出てこないんですよ!
ジュン先生
前回コードネームの読み方について説明するのを忘れてたわ。スマン。
ひさし
読み方?
ジュン先生
コードの表記方法だ。CMとかDmとかあるだろ?このMってのはメジャーの意味。小文字のmはマイナー。7とかadd9とかってのは前回ちょっと話した4和音のことだ。とりあえずメジャーマイナーの読み方だけ先に説明するぞ。それから今日のお題に突入だ!
あーちゃん
はーい!

 

ジュン先生
非常に残念な知らせだが、コードネームの読み方はいろいろある。本によって違ったり、教える人によって違ったりする。まあ、基本的には一緒だからすぐに覚えられるけどね。まとめたからそれを見てみよう

Cメジャー…C、CM、C△、CMA、CMAJ、Cmaj
Cマイナー…Cm、Cmin、CMIN、CMI、C-、C-△

ひさし
こここここんなにたくさん!
ジュン先生
あわてるこたない。よく見ると大文字小文字の違い程度だ
あーちゃん
本当だ!でも△や-の記号は見慣れないです。
ジュン先生
△はメジャーの意味、-はフラット、半音下げるといった意味合いがある。もっとも一般的なのが「C」と何も付けないのと「Cm」と小文字でエムをつけるパターンだな。メジャーはCMと大文字でエムをつけるものと△はよく使う。まあ、深く考えないでも直感的になんとなく分かるだろう。それに音楽理論を勉強していけば自然に身についていくさ。オレはメジャーはC、CMとCmと書くことが多いな。ここでもこの表記を使わせてもらうよ。

 

ジュン先生
さあ、コードネームの読み方がわかったところで今日のテーマ。機能和声というものについてだ。
あーちゃん
なんだか難しそう。
ジュン先生
ああ、難しい。でもこれは作曲らしくなってくるから楽しいぞ。

 

 

ジュン先生
曲にはたくさんのコードが使われている。しかし、それはやみくもに並べているわけではないんだ。その概念を機能和声と呼ぶ。機能和声とは、調つまりキーを元に和声、コードには様々な機能があり、その関係や性格によって楽曲は進行を行う、というものだ。

ひさし
全く意味わからん(笑)
ジュン先生
笑ってる場合じゃないぞ。これは作曲に置いて非常に大切なモノだ。これが分からなきゃ作曲なんかできん。おい、ひさし。曲の中心にあるものは何だと思う。
ひさし
中心?ボーカルかなー。
ジュン先生
ある意味正解。でもハズレ。
ひさし
なんだよそれー!

 

ジュン先生
曲の中心にあるのはな、とある一つの音階だ。

 

ジュン先生
音楽には「調(キー)」というものが存在する。それがこの音階だ。
ひさし
カラオケのキーの上げ下げと一緒のやつか!
ジュン先生
そうだ。そしてこのキーを中心に作られた音楽のことを調性音楽という。なんかクラシックっぽい雰囲気ではあるが、お前らが普段聞いている曲も、作ろうとしている曲もきっとこの調性音楽だ。

あーちゃん
あんまり意識したことなかったですね。
ジュン先生
あーちゃんは吹奏楽部だったな。「ハ長調、イ短調」などと言いかえれば聞いたことがあるんじゃないか?
あーちゃん
あ!聞いたことあります!
ジュン先生
まず、調性音楽は2つに分けられる。一つが長調、もう一つが短調だ。以前聞かせた明るい聖者の行進と暗い聖者の行進を思い出して欲しい。明るいほうが長調の曲、暗いのが短調の曲だ。ついでにいうと両者ともキーはド、Cなのでハ長調、ハ短調の曲だな。
ひさし
ちょっと待って下さいよ!ハとかイとか何ですか、それ!
ジュン先生
結局はドレミファソラシドのことだ。ドレミはイタリア語なんだよ、実は。日本語ではハニホヘトイロハと言う。
ひさし
何かマヌケっすね。
ジュン先生
オレもそう思う。だからここではCDEFGABを使って行くぞ。
ひさし
英語かっこいいー!

 

ジュン先生
長調はメジャー、短調はマイナーってことは分かるよな。つまりハ長調はCメジャーの曲、ハ短調はCマイナーの曲となる。Cメジャーの曲はCメジャースケールを元に、Cマイナーの曲はCマイナースケールを元に作られているってわけだ!
ひさし
でたー!スケール!ギタリストを震わせる単語ナンバーワン!
ジュン先生
スケールごときで震えてるようじゃギタリストとは呼べないな。
ひさし
ぐぬぬ・・・。
あーちゃん
先生、スケールって?
ジュン先生
音階のことだよ。そうだ、ちょっと聞いてみよう。

Cメジャースケール

ひさし
普通のドレミファソラシドですね。
ジュン先生
そうだな。もっとも一般的かつもっとも有名な音階と言っていい。では次にこれを聞いてみなさい。

Fメジャースケール

あーちゃん
あれ?ドレミファソラシドに聞こえる!でもちょっと高いような・・。
ジュン先生
そう。実はこれ、Fつまりファから始まっているんだ。楽譜を見てみよう。

picture_pc_be858a744798147fd18b7a1da3259c56

ジュン先生
これがCメジャースケール。ドレミファソラシドだ。

picture_pc_264e29e26c4ff469caee3bdafba7de2e

ジュン先生
そして、これがFメジャースケール。よく見るとB(シ)にフラットがついて半音下がっている。メジャースケールとはルートから数えて「全音ー全音ー半音ー全音ー全音ー全音ー半音」の間隔で並べた物なんだ。まあ、音階とスケールはそのうち詳しく解説するから、とりあえず今はこういうものがあるんだと言うことを理解してくれればいいよ。
あーちゃん
分かった!つまりCメジャーの曲はCメジャースケール、Fメジャーの曲はFメジャースケールを中心に作られているってことですね!
ジュン先生
その通り!これが調整つまりキーの仕組みだ!ちなみにこんな便利な表もある。

picture_pc_c3d7f08ceb39fe731e9b402b9545ffc4

ひさし
なんだこれ・・・
ジュン先生
5度圏表と言ってな、それぞれどこにフラットやシャープを付ければいいかまとめたものだ。まあ、詳しくはこれも後日説明するから。

ジュン先生
よし、今回のまとめだ!楽曲にはとある物を中心に作られている。それはなんだ!
あーちゃん
スケール!音階!
ジュン先生
そう。そのスケールの事をなんという?
ひさし
キー!調!
ジュン先生
上出来だ!よし、調性が分かったところで次回はもっと音楽らしくなるぞ!ダイアトニックコードについてだ!これを理解すれば極端な話、簡単な曲なら作曲できるようになる!頑張りなさい!

picture_pc_f150301fd53f7e5149e617161ee5c504

今回は調性について学びました。楽曲には調(キー)というものが存在し、そしてそれを中心に作られています。

Cメジャーキーの曲ならCメジャースケール、Fメジャーキーの曲ならFメジャースケールを中心に作られています。

次回はダイアトニックコードについて解説します。これを習得すると簡単な曲なら作曲できるようになります。頑張りましょう!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

音楽・DTM アンテナサイト 「音アンティーナ」様に登録していただきました。ありがとうございます。
数多くの作曲・音楽制作系のサイトが掲載されていますので是非見てみてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Sponcered Link

-ジュンさんと音楽理論
-

おすすめ