音楽

音楽はビジネスとして優秀か

Sponcered Link

金儲けに音楽は使えるのか

ほら、先日行われたAKB48の総選挙。あれってCD一枚買うと選挙で1票もらえるんでしょ?たぶん。
何気なく見てたら一人ひとりがすごい票を獲得していて「こんなに売れたのか・・・。」と驚きました。

ちょっと調べたら6月2日の時点で166・2万枚売れてるらしいですからね。すごいよね。
ごく一般的に一枚1000円だとしても16億くらいの売り上げですからね。鳥取くらいなら買えちゃいそう。

もちろん16億全部が利益ではないにしてもそれだけAKB48はビジネスとして素晴らしいものになってるというわけですね。音楽としてはウ○コだけど。

結局のところ、秋元さんはすごい人ですよ。尊敬すべき人です。しかしそれは「音楽的」としてではなく「ビジネス的」としてスーパーな人というわけです。

じゃあお前はどうなんだって話

ド底辺とは言え、一応音楽でお金もらうこともあるワタシ。
実際ワタシの音楽にかけた費用や時間はとんでもないです。

貴重な青春を音楽に費やしましたし、大人になってからも勉強は欠かせません。最近では音楽を聴く時ですらいろいろ考えてしまって楽しめないことも多いです。

それにお金なんてたぶん車なんて平気で買えちゃう。ギターだけでも10本超えてるし、それぞれが5~30万くらいしますからね。あと音楽のプラグイン、つまり音楽を作るためのソフトウェアだったりするんですがこれが高くって、50万円のプロ御用達のセットを買ったりもしました。結局そこまで使ってないんだこれが。

それだけ頑張って頑張ってプロの音楽家になれたのかって言われたらNOです。
いったいどこからがプロと呼んでいいのかあいまいではありますが、音楽一本で食っていけと言われたらできないこともないだろうけどケチャップをなめるような生活をしなきゃならないと思う。勤め人最高やで。

ぶっちゃけてしまうと今は普通に会社員をしながら休みの日などにちょこちょこ音楽で遊んでいて、それがちょっとしたお金になる感じ。だいたい月5万いったら大漁旗です。つーかそれ以上に音楽に対してお金使ってるから赤字。まあ、ただでギターや機材をもらえてる、と思えば万々歳ですよね。

プロになりたい若者たちへ

「音楽の専門学校に行きます!」
「音大入ります!」

いいと思います。でもね、行ったからと言って武道館ライブが約束されるわけではないです。よく考えましょう。
まあもちろん知識や技術はメキメキ身につくでしょうが、プロになるってったってあんなもん運ですからね。
高いお金払って大学や学校行って、バンドやってプーじゃどうにもならないですよ。親も泣きます。

そりゃあね、僕だってプロというか音楽一本でやっていきたいなって思う気持ちはありますよ。でもそれはCD一枚出せば16億稼げる保証があるならの話。もちろんそんな保証などあるわけないので会社勤めをしてるわけです。

でも会社勤めも悪くないですよ?
例えばバイトしながら「いつかプロになるもんね」って言ってる人がいるとします。
一生懸命バイトして月に10万円稼いだとします。バンドやりつつ、夜は居酒屋でバイトして、大変ですね。
僕はそれの数倍をサラっと稼ぎます。
プロになりたい人がバイト代を少しずつためて憧れのギターを買ったとします。20万円くらいの。
僕は「ボーナスでたし、なんか買い物したいな。ギターでも買うかな。」とサラっと買います。で邪魔いらないって言ってしまっちゃう。

ミュージシャンを夢見る若者。大いに結構。
でも就職や就活もせずにそれがそのまま30歳になったらどうでしょう。
結婚もできない。家も買えない。車も買えない。
肩書きミュージシャンは気持ちがいいでしょうが、その中身はただのバイトのおっさん。
このままではマズイと気が付いた時にはもう遅い。そんなバイトのおっさんを雇ってくれる会社もなく、
町の小さなライブハウスでデカい顔して仲間集めて歌って喜んでるようになるんです。

音楽なんてもんは「楽しいからやってるうちになんか有名になっちゃって気づいたら稼げちゃったラッキー」なスタンスが一番いいんですよね。

 

さっき、ミュージシャン(と名乗る地元の飲み屋で有名な)の40代のオッサンが、20歳そこそこの若者に怒鳴られながら道路埋めてたよ。
雨が降り出して仕事が中止になったのか、若者はファミリーカーに乗って帰り、その横をおっさんが濡れながら作業着の中とぼとぼ歩いてた。

音楽やるなら就職して身を固めてから、でも遅くはないと思うんだけどどうなんだろうな。
確かにバンドやってプーな人より音楽的には僕は下の立場ですよ。そりゃあ使える時間が違うもん。「趣味音楽家とかウケるwww偉そうなこと言ってwww」みたいなこと言われてもいいです。

でもね、僕と比べるってことは結構エエ歳になってるんだと思いますから、この歳でミュージシャンとして成熟できてないならきっと才能ないです。いいとこ僕と同じく趣味音楽家になりましょう。

だからこそ僕はいろんなお弟子さんたちがいます。うれしいことにみんな慕ってくれてます。音楽理論を教えたり作曲や編曲を教えたり、音楽を仕事とするコネを紹介したりしてあげてます。
でもその全員が趣味音楽家。そりゃあ僕のお弟子さんですもん。現実的なことはしっかりさせたうえで教わりに来ます。
プロは自称でもプロなんだからこんな趣味でやってる人なんかに教わってたらダメです。

だからこそ僕は趣味音楽家、副業音楽家が大好きです。

 

 

Sponcered Link

-音楽
-, ,

おすすめ