ジュンさんと音楽理論

ジュンさんと音楽理論 4「和声法初級」  コードネームとディグリーネーム

Sponcered Link

2016/09/11

登場人物紹介

jun

ジュン 27歳
音楽理論を教えている先生。こう見えて実は幼少のころからピアノを習ってた。その割に品がない。
ストレスが溜まると家を大掃除する癖がある。

aa

あーちゃん 17歳
音楽理論を学ぶ高校生。ピアノはずっと習っていてその腕前はかなりのもの。
楽譜も読むことができる。
ストレスが溜まるとヤケ食いすることがある。

hi

ひさし 18歳
ロックバンドを組んでいる高校生ギタリスト。ピアノは全く弾けないし楽譜も読めない。
バカなのでストレスを感じない。

picture_pc_f150301fd53f7e5149e617161ee5c504

ジュン先生
さて今回はコードネームとディグリーネームを勉強していこうと思う。ちょっと楽典的な小難しい話になるが頑張ってくれ。まずお前ら楽譜は読めるか?
ひさし
・・・・。
ジュン先生
もしかして、読めないのか・・・?
あーちゃん
わ、わたしは読めます!
ジュン先生
めんどくせぇ・・そこからかよ。まあいい。バカにもわかりやすく説明してやるから。次回までに楽譜の読み方は各自勉強しておけ!
あーちゃん
後で私が教えてあげるから・・ね。
ひさし
すいません・・・。

 

ジュン先生
よし、お前ら。これを見ろ。

picture_pc_f9148f4307635f549983e6af9f94adc4

 

ひさし
これならわかる!シーとエーマイナー!
ジュン先生
そうだ。これがコードだ。じゃあこれの中身が何でできているかわかるか?
あーちゃん
中身?
ジュン先生
コードってものは音の重なりでできている。これで五線譜で書いてみるとよくわかる。

picture_pc_5c43bf9d2faac6f753ffed2d9333d1b9

あーちゃん
Cのほうは「ドミソ」Amのほうは「ラドミ」でできてますね。
ジュン先生
ひさしはCはギターで弾けるって言ってたな。あれもギターの弦6本で「ミドミソドミ」と重ねて弾いてるってわけだ。

ジュン先生
次にこの表を見てくれ。

picture_pc_752488a230e8923340a33d6ba7d63398

 

ジュン先生
この表はコードネームとそれぞれのルート音をまとめたものだ。
あーちゃん
その下のディグリーってのはなんですか?
ジュン先生
ディグリーってのは度数のことだね。Ⅰは「いちど」Ⅵは「ろくど」と読む。ちなみにこれは「キーがC」のときのディグリーとなる。もう一つ表を作ったのでそれも見てみようか。

 

picture_pc_9a2f211b9b01b64ba43ee6680659e8cd

ひさし
順番が変わった!
ジュン先生
そう、これは「キーがF」のときの表だ。
あーちゃん
今度はFは「4度」ではないんですか?
ジュン先生
そう。今度はFが1度となる。キーがFだからね。

 

ひさし
カラオケで「キーを上げる。キーを下げる。」って機能があるけどそのキーと同じキーなんすか?
ジュン先生
そうだ。珍しく鋭いな。どうした?
ひさし
ふっ、知恵の実を食べたのさ
ジュン先生
キーっていうのはその曲のメロディや和声の中心となる音。キーがCならその曲は「ド」を、キーがFならその曲は「ファ」を中心にして作られている。それを上げたり下げたりして音程を上げ下げできるのがカラオケのキー変更だ。しかし、残念なことに上の表には本来、誤りがある。では正しいものを見てみようか。

 

picture_pc_ae5b97b7c15ee08bfc99a48b99bdda38

ひさし
あ!Bにフラットが付いた!
ジュン先生
そう、これが音楽をややこしくしている「半音」の概念だ。
あーちゃん
フラット(♭)は半音下げる、シャープ(♯)は半音上げる、ですよね。
ジュン先生
この辺はピアノの鍵盤を見ると分かりやすいな。

picture_pc_e0db15d69c35a7fcffd18260074fc81c

ジュン先生
黒い鍵盤がフラットやシャープの音だな。
ひさし
シとド、ミとファの間にはないんだな。これってなんで?
ジュン先生
シとド、ミとファは半音差しかないからだ。ギターでいうと隣同士のフレットにあたるんだ。

 

あーちゃん
ずっと気になってたけどなんでなんですか?
ジュン先生
うーん、それを説明するとなると平均律の制定の話まで掘り下げないといけないから、とにかくそういうもんだ、と覚えてしまって構わないよ
あーちゃん
あ!わかった!キーがCのときのⅠとⅣ、ドとファは黒い鍵盤入れて5個なのに、キーがFのときのⅠとⅣ、ファとシは鍵盤6個になっちゃう!
ジュン先生
そう!キーによってⅠとⅣの差が5個だったり6個だったりしたらおかしなことになってしまう。よってフラットをつけ1個下げてやる必要が出てくるってわけだ。
ひさし
でもそれじゃあキーによってあっちゃこっちゃにフラットとかシャープが付いちゃうんだろ?めんどくさいな・・・。
あーちゃん
全部覚えなきゃダメですかね・・?
ジュン先生
こんなもん覚えないでいい。それを簡単にするのが音楽理論だ。それにディグリーを考えるときは半音つまりシャープやフラットはシカトしていい。つまりⅣ♭(フラット)とかいう言い方はしないということだ。
ひさし
シカトしていいの!?めっちゃ楽じゃん!
ジュン先生
とりあえず今はな。

ジュン先生
ディグリー、つまり度数というんだけれど、同音を1度、ひとつ距離が離れるごとに度数が1度ずつ増える。ドと同音のドは1度、ドとレは2度となる。そしてどんどん足していくと8回目でまたドに戻る。これをオクターブと呼ぶ。これは単音でもコードでも同じだ。この概念だけはしっかりと覚えてほしい。なんせこれからはこのディグリーネームを使って音楽理論を教えていくからな。
ひさし
ひー!
ジュン先生
そんなに難しく考えるなよ。要は音やコードの距離感のことだな。よし、簡単なクイズだ!次の2つの音のディグリーを答えなさい!
あーちゃん
よし!負けないよ!

ジュン先生
ドとレ
あーちゃん
2度!
ジュン先生
正解!ドとラ
ひさし
ドレミファソラ・・・6度!
ジュン先生
正解!ミとファ
あーちゃん
半音差だけど・・度数で考えるときは無視していいから2度!
ジュン先生
正解!

picture_pc_f150301fd53f7e5149e617161ee5c504

 

ジュン先生
上出来だ。
あーちゃん
先生、でも同じ2度でもドとレは1音差、ミとファは半音差ってまずいんじゃないですか?
ジュン先生
とってもマズい。
ひさし
なんだってー!?
あーちゃん
2度ではなくて「1.5度」って言った感じですよね。
ジュン先生
考え方はあってるな。けど実際はミとファは「短2度」と呼ぶ。
ひさし
たんにど?
ジュン先生
その辺は次回、メジャーとマイナーの回のときに教えてやるよ
ひさし
先生、俺と先生の距離感は7度くらいありますね。
ジュン先生
何言ってんのこいつ

 

picture_pc_f150301fd53f7e5149e617161ee5c504

ディグリーネームとは音やコードの距離感を表すものです。
シャープやフラットは無視され「1.5度」などとは呼びません。その代わり「短2度」と呼びます。それは次回メジャーとマイナーで解説します。

picture_pc_f150301fd53f7e5149e617161ee5c504

こんなこと言ってます。


Sponcered Link

-ジュンさんと音楽理論
-

おすすめ