日記

何を考えてるFUJI ROCK

Sponcered Link

FUJIROCKと言えば、7月22~24日に新潟県の苗場スキー場にて開催される野外フェス。
おそらくサマソニとフジロックは日本の2大夏フェスじゃないでしょうか。

「FUJI ROCK FESTIVAL’16」第10弾追加アーティスト

さてさて、私が呆れてるのがこの第10弾追加アーティスト。

「こちら」

-VANT
-ALEX PATERSON (THE ORB)
-KENTA HAYASHI
-トミー富岡
-Kodäma
-J.A.M
-中村佳穗
-遠藤ミチロウ
-加藤登紀子 meets 大友良英 with Love Farmers
-津田大介
-大友良英
-木村真三
-奥田愛基(SEALDs)
-吉田明子(FOE JAPAN)

とあります。

 

なんだこれは、と。

誰がとは言いませんが、ミュージシャンじゃない方がいるようですね。追加”アーティスト”ですか・・。

 

かといって個人的に彼らを攻撃する気はありません。
思想や意見は違えど、自分の意見を公にして行動するというのは素晴らしいものです。立派です。立派な若者です。

それは別の問題として、それをFUJIROCKでやる必要があるのかと思う。

音楽界の繁栄をさせる気があるのかFUJIROCK

そんなもんと言ったら失礼ですが、ミュージシャンでもない人物をフジロックに出してどうすんだ、と思う。
別の場所で活動してるだろうし、わざわざミュージシャン活動の場を割いてまでやらせる必要があるのかと。

ノーギャラでもいいからフジロックに出たい

と思うミュージシャンはどれだけいるでしょうか。
5分でも10分でもフジロックのステージに立てたならそのミュージシャンにとってどれだけの価値があると思ってんだ。

 

そもそもフジロックに限らず夏フェスにお笑い芸人やその他ミュージシャンでない人物を出演させる事はしばしばありますが、それ自体がおかしいんです。

超大型の夏フェスに出たとなればミュージシャンの励みにもなりますし、その後の活動にも大きく影響すると思うんです。

たとえばその辺の地元のライブハウスに出てるバンドでもいいですし、ストリートミュージシャンでもいいでしょう。
ストリートミュージシャンで「2016年のフジロックでました!」と書かれてたらちょっと足を止めて聞いてみようと思いませんか?そういったとこから音楽って発展していくと思うんです。

自腹切ってライブしたり、だれも聞いてないところで歌ったりしてるミュージシャンがいっぱいいる中、
なんだか知らないけど政治活動してる人をぽっと出されたらやってられないですよ。

ただでさえ衰退の一歩をたどる音楽界なんですから、もっともっとミュージシャンたちに活動の場を与えてあげないと。

 

とにかくもう、フジロックには二度と行かない。

 

 

Sponcered Link

-日記
-, ,

おすすめ