音楽理論

ポピュラー対位法基礎・対旋律を作るときのルール

Sponcered Link

2015/06/09

対旋律を作るときのルール

さて、実践的な対位法を解説していきます。
ここではある程度基礎的なものは理解しているとして解説しますね。

もしわからないことが出てきたらコメントやTwitterで質問くれれば回答します。

強拍では3度か6度で重ねる

いきなりですが、強拍では3度か6度を重ねるようにしてください。
簡単に言うと「ハモる」というとなじみがある人も多いと思いますが、
それと同じ事で、通常だとメロディに対し3度か6度下を重ねることが多いです。

対位法に限らず音の重なり、つまり和音には協和音程と不協和音程があり、基本的には長・短3度及び6度下を重ねると綺麗にハモります。

聴く人の印象に残るところで協和させる

拍子(4拍子、3拍子など)や強拍(ダウンビート)弱拍(ダウンビート)などで変わってはきますが、
対旋律を作っていく際に強拍では音程に注意する必要があります。(強拍とは4拍子では1拍目と3拍目)

なぜかと言いますと、やはり強拍というには聴き手の印象に強く残る傾向にありさらにビートを引っ張っていく性質もある重要な部分になるため、上で書いたようにできるだけ3度か6度などの協和音を重ねるとよいでしょう。

 
ちょっと小ネタ
強拍でこれでもかというほど協和音でハモりますとハモりが見事な曲を作ることができます。
誰とは言いませんが、某アコースティックデュオのような曲を作りたかったら、弱起にして1拍目にユニゾン(8度上、つまりオクターブ上)でハモらせるとお手軽です。

 

1度、4度、5度、8度も協和する

とは言ったものの、ずーっと完全な協和を続けてると飽きちゃいます。
そこでたまには1、4、5、8度なども活用することができます。

しかし、全部4度でハモらせるなどと言ったものは対位法とは言わないので注意。

これらの音は3度6度と比べ、硬いというか、溶け込むようには協和しないので注意が必要です。

 

2度、7度は注意が必要

シンプルに2度7度は協和しないため強拍では使いません。
この2度7度を意識して使うと協和音程を引き立てることができるので活用する事も可能です。

さ、ちょっと難しい事を書きます。頑張ってください。

この7度という音、和声学を勉強した人はピンとくると思いますが、セブンスの音です。
セブンスコード上で7度の音を使い対旋律を作った場合は次のコードの3度の音に下降し解決させる必要があります。

※7thコードはドミナントセブンス。次のコードは大半がトニックとなります。つまり3度の音はキーの3度上の音となります。つまりはドミナントセブンス上で7度の対旋律を使う場合はトニックの3度へ解決させるのが良いということ。

具体的な例を言うと、G7→Cというコード進行があるとします。よくあるドミナントセブンスからトニックへ動くドミナントモーションです。

そこでG7上で主旋律がソーレーとあったとします。そこに対旋律で1拍目にファと歌うことにしました。
7thコード上(G7上)の7度差(GとD)の対旋律なので、次の音はG7→Cとコード進行なのでCの3度の音、ミに解決する必要があるというわけです。僕なら対旋律はファーミファにします。
しかしまあ、楽譜ないと非常に分かりづらいですね。近いうちにどうにかします・・。

 

順次進行と跳躍進行

二つ以上の音が連続すると「和声」と「メロディ」が必然的に生まれます。
和声を「タテの関係」とするならばメロディは「ヨコの関係」ですね。

そして、そのメロディには「順次進行」「跳躍進行」というものがあるんです。

順次進行・・・前の音から次の音へ「半音(短2度)」か「全音(長2度)」で移動した場合
跳躍進行・・・次の音へ「短3度以上」、半音でいうと3半音以上飛んで進んだ場合

 

つまり隣に動いたときは順次進行、飛ばして動いたら跳躍進行ですよと言うことです。ソ→ラなど間にソ♯がありますが跳躍進行ではなく順次進行と捉えますよ、ということです。

それぞれの特徴

順次進行・・・歌いやすく、穏やか、流れるようなイメージ
跳躍進行・・・歌うのは難しくなるが元気で活動的なイメージ

これは音楽全てにおいて言えることですが、コードでもメロディでも何か音が動く時隣り合っている音に動く場合は流れるように穏やかで離れた音に動く時は激しく元気なイメージになります。

余談ですが、メロディ(主旋律)を作る際に音を大きく跳躍させるとメロディにエネルギーを持たせることができます。
作曲していて「なんかこの曲元気がないな」と思ったら跳躍進行を取り入れるといいでしょう。

 
ちょっと小ネタ
中世ヨーロッパでは音楽は「神に捧げる」ことが大きな目標だったため、メロディも穏やかで厳かな「順次進行」が基本となっています。対位法も順次進行で作るのと言われることが多いのはこれらの名残を受けているからと言えるそうです。

 

さて、今回は対旋律を作るときのルールを学びました。
となると次は実際に対旋律を作ってみたいと思います。

「コードネームから対旋律を作る」方法について書いていきます。
このあたりから和声法の知識も使っていきますので頑張っていきましょう。

 

 

Sponcered Link

-音楽理論
-, , ,

おすすめ